それは一方的でしょ(^^?(基本売買契約書)


最近では売買契約書を締結するため
入念に内容を確認しています。

こちらが契約書を作成する手間を惜しんでいるため
相手に都合のいい内容になってしまっています(^^;

契約書は平時には必要ないのです。

なにかあった時に、敵にも見方にもなるのが契約書です。

相手が小さな会社だからといっても
大きな会社に買収されるかもしれません。

また自社が大きくなっていく時に
相手に都合のいいように書かれていると
何かと足かせになりかねません。

詳細は解説しませんがよく見落とすリスクだけを
簡単に書き上げてみます。

・販売の範囲(地域、商材)の制限
・担保譲渡
・「〜の場合は制限なく」「〜の場合は合意なく」
・争議の場合の裁判所(地方ではお金も時間も不利)
・印鑑証明など(なぜ相手は出さない?)
・受け渡しについては書かれているが、返品について書かれていない
 返品も納品時と同等の条件ですぐに検収し計上すべき

まあ、あげていたらキリがないので今変にしておきます(^^;

———–
「心豊かに」「穏やかに」

人間研究は面白くて大切!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です